会社案内

ご挨拶

日創工業株式会社は、昭和63年5月に特装自動車の設計・製作を主な目的として設立されました。
以来十余年、「皆様のお役に立つ車」というコンセプトのもとに、特装車の製作に励み社会に貢献して参りました。
昨今の自動車業界における技術革新、車検規則の強化、変化の波が目まぐるしく、かなりのスピードで変化しています。
我々は、そのスピードに追随すべく、情報収集、コンプライアンスの徹底、それに伴う変更に柔軟に対応するよう常に全力で取り組んでおります。
これからも未来に向かって、日々お客様の希望、要求に応える為に、創造される技術の積み重ねを大事にして、その向上を目指し、我々の製作する車両が皆様のお役に立つ事を念じて、日創の向上から世に送り出して参ります。


会社概要

会社名日創工業株式会社
代表者代表取締役社長 大谷 直温 
所在地〒252-0156  神奈川県相模原市緑区青山3172
電話番号042-784-9674
FAX番号042-784-9694
営業品目1.特装車両設計製作及び販売
建機用メンテナンスサービスカー
水道工事用車両
電話工事用車両
電波測定車
電源車
照明車
消防自動車
食品販売車
産業廃棄物運搬車両
その他各種特装車

2.油圧機器及び回路設計製作及び販売
油圧駆動コンプレッサー
オイルリール
油圧駆動発電機
その他各種油圧機器

3.その他各種機器類設計製作及び各種回路設計製作
資本金1,000万円
設立年月日昭和63年5月12日
従業員5名
主要取引先官公庁 / 日本キャタピラー 各社 / 株式会社タダノ / 三菱自動車ロジテクノ株式会社
株式会社アイチコーポレーション / 日本機械工業株式会社 / トーハツ株式会社 
その他
※順不同敬称略
取引先銀行みずほ銀行 新宿西口支店

会社経歴

1988年5月
神奈川県相模原市橋本561番地4号に特装車輌製作工場として設立。 消防用救助工作車の製造を始める。(現、神奈川県相模原市橋本台1-12-20)
1990年4月
消防用ハロゲン投光器の製造を開始。
1991年4月
電話工事用車輌を製作。
1992年10月
業務拡張に伴い神奈川県津久井郡津久井町青山3172番地に移転。 (現:神奈川県相模原市緑区青山)
1995年3月建機用メンテナンスサービスカーの生産を開始する。
1995年7月資本金を10,000,000円に増資する。
1995年8月緊急漏水工事用工作車を製作、納入する。
1995年11月油圧駆動コンプレッサーを開発
1996年4月油圧駆動コンプレッサーの生産を開始し、建機用メンテナンスサービスカーに搭載する。
1999年1月デジタル放送実験用テレビ中継車を製作。
1999年2月林野火災用高圧噴霧車(油圧駆動)を製作。
1999年7月第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地様に隊員・機材搬送車を納入。
2000年8月クロスカントリー型4WD車にて消防用電源照明車を製作。
2001年7月放送局用電波測定車8台口を製作
2002年2月薬液圧送装置の製作し搭載する。
2002年11月高所作業車ベースの消防小型梯子車を製作。
2002年12月耐圧放水試験車を製作。
2003年7月全自動小型動力ポンプ付積載消防車製作
2004年2月移動電飾看板車用油圧発電機取付(回路設計及び取付工事)
2004年4月例年製作を続けている建機サービスカーに油圧駆動型溶接発電機を装備標準化
2004年8月オイル交換仕様の建機サービスカーを製作
2004年10月オイル交換仕様建機サービスカーが三菱ふそうトラック・バス株式会社の全国顧客向け機関紙に掲載される。
2005年1月
アミューズメントパークパレード用車輌のパーツ駆動機構の製作
2005年11月1型化学消防車製作
2006年9月地下埋設管検査測定車を製作
2011年3月FRPハイルーフ・キャブ一体型救助資機材車を製作
2012年3月4型救助工作車を製作
2012年4月船舶エンジン等メンテナンスサービスカー製作(1BOXバン・スーパーロング車)
2013年3月樹脂ハイルーフ仕様救助工作車を製作
2013年6月電気工事系簡易作業車製作
2015年7月飛鳥交通グループへ帰属 新体制へ移行
例年通して、各市町村消防団むけの車輛を生産、また同業他社 様の設計及び製作協力を行なう。

アクセス


- 新着情報 -
2016.07.01
ホームページを更新しました。
2014.09.01
ホームページリニューアルしました。

- 営業品目 -
1.特装車両設計製作及び販売
2.油圧機器及び回路設計製作及び販売
3.各種投光器設計製作及び販売
4.その他各種機器類設計製作及び各種回路設計製作